スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


-.-
さてなんでしょう
  1. 去年のより軸が1ミリ細い
  2. 大きい方の定番の形より軸が5ミリほど短い
  3. 以前からの定番の形(軸に金の輪っかがはまってる)だけど金が値上がりしたので今はあんまり在庫がない
  4. 細字でこれだけなめらかなのは他社(特に外国製)にはない
  5. 金の輪っかのおかげで重心が下に来て書きやすい
  6. 普通細字だと数日おいておくとインクが詰まりやすいけどうちのはそれはない
  7. 漆でも洗浄の時お水につけ置きして大丈夫
  8. でもインクが付いたままキャップ付けてそのままほったらかしておくと禿げる。なぜかは不明
  9. 和紙のいいのだと引っかからないし滲みもない
  10. 今年は天候が悪いので漆の仕上がりに時間がかかって、梨地塗りとか持って来れなかった。帰ってから作る

後悔はしていない。
大橋堂さんで2本目購入しましたよ。っと。
いやー。メンテナンスのお葉書頂いた時点でイヤな予感はしてたんですよねー。財力のなさが欲に負けるっていう構図がありありと目に浮かんでましたもの。すごい予知能力!!
やっぱりあそこは試し書きさせてもらった時点でこちらの負けは決まったようなものですよ。あの書き味はズルい。あれはない。
さらに上記1と2がね。女性の手でも持ちやすいように、と試験的に作っただけの物なのでもう他にはないという特殊サイズの軸が、手に持った瞬間まあ吸い付くように離れないことったら。
もう一個、朱色と黒の漆塗りがかわいい定番の小さいのと悩んでいたら木村さんにも「こっち(その2色の方)はまた言ってもらえればいくらでも作りますけどこっち(買った方)は軸の削り出しからしないと作れないんで」「そういう珍しい方がピッタリ手に合ったということは…」とか言われてしまったら「買います!」と高らかに宣言する以外の選択肢があろうはずもありません。
また5がほんとに書きやすい、いい仕事をしてくれます。
普段はキャップは外して書いてるんですが、これは重心が下がってる分キャップしてても書きやすい。
「どの万年筆もキャップが重いんですよね」とのこと。そうなんですよー。キャップしてるとお尻に振り回されて書きにくいの!よく分かってらっしゃる!!
前回は中字にしましたが今回は極細で。そしてまた大型ペン先で。
↑の2色塗りは小型ペン先で、これ去年も書いた気がしますが、大きい方一回使ってしまうと小型に戻せなくなるようなすごい書き味なものでそれも購入の判断ポイントになったでしょうか。小型のも十分すぎる滑らかさなんですよ!でも比べるとダメー。贅沢太りってこういうことか…恐ろしいわ。
早く使いたい。インクどうしよう。

インクと言えば、モンブランのブルーブラックが古典じゃなくなるそうではないですか。
なんかちらっと見たところ白ーい、bbのイメージと全然違う変なパッケージだし、古典は好きだがパーマネントインクには興味がない(さしたる理由はないんだけど)ので145に入れて愛用中のミッドナイトブルーですが、もう食指が動きません。今の瓶使い終わったら別の入れようっと。また何入れるか悩まなあかんのか悩むいい色で好きなんだけどなぁ…

.comments(2)
スポンサーサイト

-.-
Comment
ちひろ 2013.11.2013/11/04 23:09

やはり暗号としか思えない(笑)
佐保子 2013.11.2013/11/07 00:20

大丈夫。使えば分かるよ♪









button:PictureVillage
Template:a dear friend