スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


-.-
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
そんな風↓に最近意図せず嘘ばかりついてしまってる奥さんから貸してもらった本。
全体にぐだぐだな感じで、時折ハッと注目してしまう表現との対比がおもしろいです。
上巻だけだとミステリーの要素はないも同然で、それより病院内の人間関係とか、医局のだらっとした雰囲気とか、そういう描写の方がメインですしおもしろいです。
小児移植とか解剖とか、解剖は最近のお相撲さんのことでだいぶ言われ出しましたけど、そういうとこに触れられてるのが個人的にはうれしかったり。本の内容と全く関係ないですけど(笑)。でもベストセラーとして読まれる本に書かれてるならこういう問題を広く知られるきっかけでもありますしね。
監察医が足らんていうのなんか医療に関わりない私ですらとっくに十数年以上前から聞き知ってるっていうのにマスコミってこういう話こそ報道してよ!と常々イラだってましたのですよ。
また話の内容に全く触れてないですね。いつものことながら(笑)。
ところで阿部寛の人は田口先生でいいの?竹内結子は桐生先生?

.comments(0)
スポンサーサイト

-.-
Comment









button:PictureVillage
Template:a dear friend